宅地建物取引士法定講習会実施【兵庫県本部】


 令和2年度は、全日兵庫県本部主催の宅地建物取引士法定講習会を全7回実施しました。

 コロナ禍、前半4回は新型コロナウイルス感染症対策を講じ、通常の半分の人数で兵庫県農業共済会館7F大会議室で実施し、10月7日(水)は72名、10月21日(水)は76名、10月28日(水)は76名、11月4日(水)は78名の方が受講されました。講習会は①税制②宅地建物取引士の使命と役割及びケーススタディ③紛争事例と関係法令(都市計画法・建築基準法等)④紛争事例と関係法令(民法・宅地建物取引業法等)の4科目6時間の講習で、講習終了後に新しい宅地建物取引士証を交付しました。

 また、緊急事態宣言が発令される状況となった後半3回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため自宅学習方式で実施し、2月3日(水)は91名、2月10日(水)は90名、2月24日(水)は92名の方が受講されました。

閉じる 閉じる