地方本部の動き

空き家行政プラットホーム協定の締結【京都府本部】

 京都府盆地の南西に位置し、京都市と大阪市との二大都市の中間に位置する長岡京市は、景観のみならず交通の便にも恵まれ、人口は緩やかですが増加の傾向にあります。

 一方、高齢化や家族類型の変化に伴い、空き家に対する相談や苦情が増加している現状の中で、長岡京市では空き家をまちづくりの資源と捉え、住宅が循環する仕組みづくりなど積極的に空き家の流通及び利活用を進めることで、魅力ある街づくり進めていくこととされました。このため多分野にわたる空き家相談に的確に対応し、流通・利活用を進める体制として、各分野の専門家と行政が連携する「行政プラットホーム」を発足させることとし、当本部もその一員として参画することといたしました。写真は坊本部長が出席した「行政プラットホーム」発足に係る記者発表の様子です。

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ