不動産基礎知識【買うとき】

掲載している情報は、不動産ジャパンWebサイト 外部リンクより転載しています。

【買うとき】に知っておきたいこと

住まい探しを始めてから、購入物件の売買契約を結び、実際に入居するまでや入居後のトラブルに至るまでの重要なポイントを網羅しています。

自分がどの段階にいるか、どんな点に不安があるかによって、該当する項目をじっくり読んで、満足度の高い住まい選びを実現させましょう。
※新築分譲物件を購入する場合は、「6-2不動産会社に仲介を依頼する」から「仲介手数料について」までについては、基本的にはかかわりがありません。
※土地を購入する場合は、「5-6」及び「10-2」「10-3」については、かかわりがありません。

1.不動産取引の流れ

2.相場を知る

3.住環境を調べる

4.予算を決める

5.住まいを探す

6.不動産会社を選ぶ

7.資金計画を立て、住宅ローンを選ぶ

8.購入の最終判断をする

9.売買契約を結ぶ

10.不動産の引き渡しを受ける

11.中古住宅を購入してリフォーム

ご注意事項

1.不動産基礎知識は、住宅等の売買を円滑に進めるための一般的な参考情報であり、
断定的な判断材料等を提供するものではありません。

2.したがって、実際の取引は、物件の個別性や相手方の意向等を踏まえて慎重に進めて
いただくとともに、法務・税務等に関しては、必要に応じて専門家へご確認ください。

3.掲載している情報は、不動産ジャパンWebサイト より転載しています。

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ