全日みらい研究所

全日本不動産協会
全日みらい研究所

「全日みらい研究所」(通称「みらい研」)は、(公社)全日本不動産協会が2019年6月に公表した「中期ビジョン〜新時代の「豊かな生活」を支える産業であるために〜」に基づき、同協会の専属研究機関として、2020年4月1日に設立されました。

新着情報

2020.8.11 New!

空き家等の活用事例のご回答をいただきました皆様、ご協力誠にありがとうございました!所長よりご報告と御礼を申し上げます→ pdf会員の皆様へ

2020.7.1

空き家等の活用事例を募集しています!(回答〆切:7月末日)
詳細はこちら→ pdfご協力のお願いexcel調査票

2020.6.1

全国空家計画データベースを公開しました。

2020.4.2

(株)不動産流通研究所のウェブサイトに掲載されました。

>>>記事はこちら

2020.4.1

(公社)全日本不動産協会の専属研究機関として発足しました。

概要

 全日みらい研究所は、

○全日会員や一般消費者の視点に立った研究を行い、成果をフィードバックすること

○一般的な市場動向調査よりも、テーマごとに会員の意向を重視して掘り下げて分析すること

により、中期ビジョンにおいて指摘されたこれからの不動産業にまつわる様々な課題解決につなげていくとともに、同協会の国に対する政策提言に生かすことを目的としています。

 また、研究テーマによっては、東京大学連携研究機構 不動産イノベーション研究センター(CREI)との共同研究を実施することで、限られた資源の中で最大の研究成果を得られるよう、進めてまいります。

全日本不動産協会 全日本不動産協会中期ビジョン