地方本部の動き

山形県本部(2012年08月の活動状況)

平成24年7月7日(土)・8日(日)の両日、荘銀・日新スタジアム、第二球場、山辺町民球場において、「全日ラビットカップ 第12回AA全国中学校野球選手権山形県大会(Kボール大会)」が開催されました。

この大会は第6回から社団法人全日本不動産協会・公益社団法人不動産保証協会山形県本部で後援をし、山形県中学生球児の健全育成と技術向上、グローバルな人間形成に寄与することを目的として、今年で6年目を迎えました。

今年度は県内の2ブロック13チームが参加し、日頃の練習の成果を大いに発揮した熱戦と、熱の入った応援が連日繰り広げられました。

1日目はあいにくの雨で室内での開会式となりましたが、2日目以降は快晴に恵まれ、決勝戦と3位決定戦は7月14日(土)に延期開催となりました。

決勝戦は庄内チーム同士の試合となり、「酒田三中クラブ」が初優勝を飾りました。髙梨本部長から記念のメダルが授与され、東北大会に駒を進める選手にエールが送られました。

また、「全日ラビットカップ第14会シングル“A”野球選手権山形県大会(小学生)」は10月に開催が予定されております。

KB野球で使用するボールは、硬球に近いボールですが、素材がゴムボールになっているためケガが少なく、耐久性に富んでいるのが特徴です。高等学校硬式野球にすぐ対応し得るよう工夫されているので、徐々に広がりつつあります。

山形県本部では今後も野球を通じて子供たちの友好・親善を図り、野球技術の向上と野球の普及、国際感覚の育成と視野の拡大を目的に後援していきたいと思っています。

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ