第38回 全国不動産会議 青森県大会 開催レポート


「縄文の風に吹かれて今を見る」
青森県大会

昭和42年から毎年開催されている全国不動産会議。第38回目の今年は、1,468名の参加者のもと、みちのくの青森で10月18日に開催された。テーマは「縄文の風に吹かれて今を見る」。縄文の常識を覆した三内丸山遺跡、その遺跡が語りかける「“自然”と“人”との調和」のとれた都市創りのために何をすべきか。業界不況の声を吹き飛ばすべく、活気のある盛大な会議となった。

【第1部 式典】

開会の挨拶をする 青柳 茂治 全日・教育研修委員長
開会の挨拶をする
青柳 茂治 全日・教育研修委員長

「この青森へようこそお越し下さいました」と総合司会の井手博信教育研修委員。割れんばかりの拍手が会場を揺るがす。第1部式典は、井手委員と青森県アナウンサーの千葉美佳さんによって進められ、青柳茂治全日・教育研修委員長の開会の挨拶で幕を開けた。

 

歓迎の挨拶に立つ 工藤 泰治 青森県本部長
歓迎の挨拶に立つ
工藤 泰治 青森県本部長

歓迎の挨拶にたった主催県の工藤泰治全日・青森県本部長は「陸奥湾と八甲田の裾野に囲まれた自然と、豊かな資源に恵まれたこの青森市に、多くの来賓の方々、全国各地の会員の方々のご参加を賜り、第38回全国不動産会議青森県大会を開催できましたことを青森県本部会員一同、心より感謝を申し上げたいと思います。青森県には八甲田十和田湖の紅葉、下北半島の恐山、三内丸山遺跡など多くの観光地があります。それらを堪能していただき、心に残る思い出にして頂ければ幸いに存じます。総本部ならびに各地方本部の益々の発展とご臨席の皆様方のご健勝、ご多幸をお祈り申し上げます」と述べた。

 

挨拶する 中林 増美 理事長
挨拶する 中林 増美 理事長

続いて挨拶にたった中林増美理事長は「青森県には三内丸山というすばらしい遺跡があり、本当にすばらしいところであると思っております。本日は第38回の全国不動産会議がみちのくの青森で盛大に開かれることに対しまして地元の方々に改めて御礼を申し上げます。私どもの亡くなりました野田卯一は、全日本不動産協会を立派に育ててくれました。そして常々『継続は力なり』という言葉を言っておりました。まさしく第38回という全国不動産会議が開催されることにつきまして、改めてその言葉を認識する次第であります。私ども協会は会員に対し、「視線」でなく「目線」でもって接しよう、目線を対等に合わせていこう、と常日頃から考えております。ありがたいことにこのような経済状況下でも会員数は増えています。今回、このように盛大に会議が開かれたことに対して、心から御礼申し上げると共に、皆様方のそれぞれのお仕事が、大変ではございますがどうかしっかり頑張って、気力を失わないで奮い立っていただきたいと思います」と述べた。

22名の来賓者を代表して、中山啓一国土交通省大臣官房審議官、木村守男青森県知事、佐藤健一青森市助役がそれぞれ祝辞を述べた。

 

決議文を発表する 川口 貢 保証・副理事長
決議文を発表する
川口 貢 保証・副理事長

次に川口貢保証・副理事長によって、抜本的な税制改革の断行や不動産流通を促進する政策を政府や関係各方面に要望する決議案が提出され、これを満場一致で採決した。

 

大会旗を引き継いだ 答島 海志 大阪府本部長
大会旗を引き継いだ
答島 海志 大阪府本部長

また大会旗が、次回の開催地である大阪府本部(答島海志本部長)へ引き継がれた。答島本部長は「大阪以外にも近畿圏にすばらしい地域がたくさんあります。近畿圏の役員方のお力をいただきまして、来年は皆様を大阪へお迎えします」と挨拶、また「大阪は食べ物の町。何か大阪のおいしいものをぜひ召し上がっていただく、ということも計画したいと思っております」ともつけ加えた。

 

そして表彰として前回開催県である静岡県本部へ感謝状が授与されたほか、平成13年度の会員増強に著しい成果を残した宮城県本部、大阪府本部、福島県本部、東京都本部、千葉県本部、三重県本部、滋賀県本部、奈良県本部、長崎県本部が表彰を受けた。

閉会の挨拶を池田哲也教育研修委員が努め、第1部式典の幕が閉じた。

 

決議

我が国は、未曾有の長期景気低迷のため、失業者の増加や社会秩序と安全の劣化、産業空洞化の進展、国際情勢の懸念等により、将来不安と危機感が国内に蔓延している。経済情勢も、11年連続の地価下落が示すとおり資産デフレがさらに深刻化し、金融機関の不良債権の累増や、資産価値の下落と需要の低迷が相互作用し、景気悪化を加速させている。

とりわけ、不動産の資産デフレを早急に克服することが重要であり、そのためには不動産需要を抑制している現行の不動産税制を抜本的に改正するとともに、不動産流通を促進する一層の規則緩和等が必要である。

わが協会は、不動産業界の先頭に立ち、国民生活の水準向上に貢献できるよう、不動産魂・全日魂を発揮し、一刻も早く活力ある経済の再生のため、下記項目につき政府はじめ関係各方面に強く要望する。

  • デフレ脱却のために不動産流通課税の廃止等、思い切った税制改革を断行すること
  • 中古住宅市場の形成と活性化を促進する政策を実施すること
  • 民間活力を活性化させ、早期の不良債権処理に、積極的な政策を実施すること

ここに決議する。

平成14年10月18日
社団法人 全日本不動産協会
社団法人 不動産保証協会
第38回全国不動産会議青森県大会

【第2部 講演会】

第2部では、白鴎大学法学部教授で、多くのメディアに登場している福岡政行氏が「混迷する日本経済とゆれ動く政治情勢」をテーマに講演を行った。

【第3部 懇親会】

懇親会
懇親会

第3部懇親会には、佐々木誠造青森市長が駆けつけ祝辞を述べた。また青森ならではのアトラクションが数多く催され、会場を沸かせた。

 

一覧に戻る

閉じる 閉じる