地方本部の動き

特殊詐欺の根絶に係る協定書締結式【大阪府本部】

 令和元年10月8日、大阪府警察本部1階 ガイダンスルームにおいて、当本部・(一社)大阪府宅地建物取引業協会・大阪府警察との「特殊詐欺の根絶に係る協定」の締結式を執り行いました。協定の目的は、特殊詐欺の根絶を図るため三者が綿密に連携及び協力し特殊詐欺を防止するために必要な事項を定めるものです。

 

この協定の主な内容は次のとおり。

・「大阪府警察は、特殊詐欺に関する情報を協会に提供する。」

・「協会及び協会員が特殊詐欺に関する情報を入手した場合は、速やかに警察へ通報する。」

・「協会は協会員に対する啓発活動を推進し、通報することを働きかける。」

・「協会は協会員に対して、契約前に相手方から建物を特殊詐欺の用に供しない旨の契約書を徴収すること契約時に解除条項(特約)を盛り込んだ契約書などを使用することを働きかける。」

 

 締結式当日は、大阪府警察から髙木 生活安全部長、高井 府民安全対策課課長、川畑 特殊詐欺対策官、(一社)大阪府宅地建物取引業協会から阪井 会長、三木 副本部長、高原 総財委員長 当本部から堀田 本部長、角前 専務理事、大山 総務委員長、そして、大阪府警のマスコットキャラクター「フ-くん・ケイちゃん」、(一社)大阪府宅地建物取引業協会のマスコットキャラクター「たくっち」、当協会のマスコットキャラクター「ラビーちゃん」が出席し、和やかなムードの中、協定書の交換を行いました。

 当本部は、引き続き大阪府警察と連携を図り、会員皆様のご理解・ご協力をいただき、特殊詐欺の防止及び根絶の貢献に努めてまいります。

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ