地方本部の動き

宅地建物取引士法定講習会実施報告

 当協会栃木県本部では、平成27年12月に栃木県より法定講習会実施の認定を受け、本年度より法定講習会を開催することとなりました。

 

 記念すべき第一回目は、6月15日(水)「パルティ」にて実施いたしました。理事全員が集合し事務局員と共に緊張感の漂う中、会場の設営から受付までを万全な体制で行いました。

 

 講習会が始まり、当協会県本部の稲川本部長より、開催に至るまでの経緯と当協会の歴史が述べられ、協会運営に関しての協力依頼がありました。同時に、全日本不動産政策推進議員連盟による、改正宅地建物取引業の成立までの動向について報告があり、当協会の役割について話がありました。

 

 その後、栃木県県土整備部住宅課より、当協会の実施役割等についての説明があり、講義へと移行しました。

 

 講師は、当協会の顧問弁護士をはじめとし、(一財)不動産適正取引推進機構からの派遣によるものと、税務関係は県内の公認会計士に依頼しました。受講生からは、聞き取りやすくわかりやすいと高評価をいただきました。

 

 これからも当協会では、受講生の立場に立って考え、より充実した講義内容を提供できるように、講師の選考は慎重に行いたいと考えております。

 

 全日の法定講習会へのご参加を心よりお待ちしておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

法定講習会

受付の様子

稲川本部長挨拶

県土整備部挨拶

松本弁護士の講義

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ