入会のご案内

メリット  手付金等を守る安心の制度

不動産を購入するお客が、安心して宅地建物取引を行っていただけるよう、手付金等を保全する制度をご用意しています。

(1)手付金等保管制度
売主となる会員は、当保証協会の”手付金等保管制度”を利用して、手付金等を保全することができます。

宅地建物取引業法では、宅地建物取引業者が自ら売主となる完成物件の売買について、買主から1,000万円または売買価格の10%を超えて手付金等を受領する場合、業者は物件引渡・所有権移転登記完了までの間、手付金等を保管しなければならないよう定められています。

手付金等保管制度を利用すれば、倒産など万一の事態が起きても、お客様の取引の安全を確保することができるので、取引上のリスク回避に適した制度です。

(2)手付金保証制度
”手付金保証制度”とは、指定流通機構に登録された物件を購入する際、保証協会が売主に支払われた手付金を保証する制度です。

この制度が適応されるのは、指定流通機構に登録された物件に限られます。

契約を解除した時に売主が手付金を返還しないような場合には、売主に代わり当協会が手付金を保証します。

(3)一般保証制度
宅建業者と消費者との宅地建物取引では、万一その宅建業者が倒産等した場合、消費者は、取引を完了させられないだけでなく宅建業者に支払った金銭の返還も受けられない事態となってしまいます。

このような消費者が損害を被る事態を回避するよう、取引が無事終了するまで、会員が負う手付金等や報酬といった返還債務を当協会が連帯保証する制度を用意しています。 ”一般保証制度”は、当協会会員だけが利用できるという点でも、大きなメリットの一つです。

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ