不動産業者のためのコンプライアンス

不動産業者のためのコンプライアンス

昨今の不動産業におけるコンプライアンスの重要性を鑑み、その周知徹底を図っていくため、危機管理アナリストの金重凱之氏による「不動産業者のためのコンプライアンス」を連載しております。ぜひ今後のビジネスにお役立てください。

第1回は、「コンプライアンス」の意義というお話から始めます。

コンプライアンスと危機管理経営について、企業防衛と企業の社会的責任(CSR)の観点から述べていきたいと思います。

コンプライアンスと危機管理経営について、企業防衛と企業の社会的責任(CSR)の観点から述べていきたいとコンプライアンス違反の4 つの類型(重大事件、重大事故、自然災害、広域感染症)を具体的に説明します。思います。

4つの類型のコンプライアンス違反に対する5つの制裁のうち、刑事的制裁についてお話しします。

前回に引き続き、4つの類型のコンプライアンス違反に対する5つの制裁のうち、今回は行動的制裁についてお話しします。

今回は、4つの類型のコンプライアンス違反に対する5つの制裁のうち、民事的制裁と自律的制裁についてお話しします。

4回に渡ってご説明してきた、4つの類型のコンプライアンス違反に対する5つの制裁のうち、最後の社会的制裁についてお話しします。

コンプライアンス違反への対処の際に配慮すべき5つの対処策についてお話しします。

コンプライアンス違反への対処の際に配慮すべき5つの対処策のうち、捜査機関等への対処についてお話します。

コンプライアンス違反への対処の際に配慮すべき5つの対処策のうち、監督官庁への対処についてお話します。

コンプライアンス違反への対処の際に配慮すべき5つの対処策のうち、被害者・株主等への対処への対処についてお話します。

コンプライアンス違反への対処の際に配慮すべき5つの対処策のうち、企業内対策についてお話します。

前回に引き続き、企業内対策についてお話します。

コンプライアンス違反への対処の際に配慮すべき5つの対処策のうち、社会的評価への対処についてお話していきます。

前回に引き続き、社会的評価への対処の② 一般消費者・主要顧客・取引先等への対応を考えることからお話をしていきます。

今回は、コンプライアンス違反への対処の3つの段階についてお話しします。

今回で最終回となりますが、最後は、コンプライアンス違反への対処の重点と総合戦略の確立についてお話しします。

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ