会員サービス

業務にお役立ていただける各種サービスや情報をご提供します

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会への認証申出について(会員限定)

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会への認証申出について

< 不動産保証協会 > 2014.07.03

公益社団法人不動産保証協会(以下、「本会」という。)及び公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(以下、「全宅保証」という。)の両協会においては、宅地建物取引業法第64条の3第1項第3号及び同法第64条の8に基づく弁済業務に関し、消費者を優先的に保護するという趣旨から、各々の内部規約で所属会員からの認証申出に関して制限を設けています。

しかしながら、それぞれの保証協会から見て、他方に当たる保証協会の所属会員からの認証申出については、弁済業務に関する自協会の内部規約が適用できないため、現行法制度が定める“認証申出の順位”ルールにより、業者が優先され、結果として、消費者が優先されず十分な救済ができない事態が生じています。

このため、本会及び全宅保証の両協会では、消費者保護の一層の充実を図るため、他方の保証協会所属会員からの認証申出においても、内部規約が適用できるように、今般、両協会それぞれの総会において、下記事項が決議されました。なお、同決議を受けた協定書は、平成26年7月2日に両協会の代表者(本会理事長 林 直清及び全宅保証会長 伊藤 博)との間で調印締結され、その発効日は平成26年10月1日とされております。

会員の皆様には、本決議及び協定の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願い致します。

<平成26年6月30日 本会の総会決議> (注)全宅保証の総会決議も同趣旨の内容です。

  1. 本会会員は、公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会へ認証申出する場合にあっては、同協会における所属会員による認証申出と同様に扱われ、同協会の「弁済業務方法書及び同細則(1)」に従うこと。
  2. 別紙「協定書(2)」を締結すること
    なお、本協定発効日は、平成26年10月1日とする。

参考

(1)全宅保証の「弁済業務方法書及び同細則」抜粋(会員の認証申出に関する主な制限規定)

□弁済業務方法書
第1条 この業務は、~(省略)~に関し弁済するもので、地域の範囲は本邦一円とする。
但し、宅地建物取引業者間の債権については、申出人が専門業者として相当の注意を払った場合にのみ対象とする。

□弁済業務方法書細則
第4条 次の各号に掲げる原因に基づく債権は本業務の対象外とする。
② 宅地建物取引業者間の違約金及び仲介手数料
第6条の2 会員による認証申出については、受理後いかなる場合も5ヵ月間はその順位を保留し、その間一般消費者よりの申出があれば、これを優先するものとする。

(2)協定書(全文)

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(以下「甲」という。)と公益社団法人不動産保証協会(以下「乙」という。)の両協会は、宅地建物取引業法に基づく弁済業務において、消費者を優先的に保護するため、所属会員による相手方の保証協会への認証申出の処理に関し、下記のとおり本協定を締結する。

(総会の決議)
第1条 甲及び乙は、次の各号に定める事項を互いの総会にて決議する。
(1)甲又は乙の所属会員が、相手方の保証協会へ認証申出する場合にあっては、同協会における所属会員による認証申出と同様に扱われ、同協会の弁済業務の諸規定に従うこと

(2)本協定書を締結すること
(相手方所属会員による認証申出の処理)
第2条 甲は、乙所属会員による甲への認証申出があった場合は、甲所属会員による認証申出と同様に扱い、甲の弁済業務方法書及び同細則を適用する。
2 乙は、甲所属会員による乙への認証申出があった場合は、乙所属会員による認証申出と同様に扱い、乙の弁済業務規約を適用する。

(諸規定の整合性)
第3条 甲及び乙は、会員による認証申出の審査基準に関する諸規定の整合性を確保するように努め、当該諸規定を改正する際には、相手方の保証協会と協議するものとする。

(会員への周知)
第4条 甲及び乙は、本協定内容を所属会員に周知するように努める。

(効力の発効)
第5条 本協定は、第1条に定める決議を条件とし、甲及び乙の総会で決議された発効日をもって発効する。

(協定の解消)
第6条 甲及び乙は、協議又は相当の期間(3ヶ月以上)をおいて事前に相手方に通知することで本協定を解消することができる。但し、解消日までに受理されている認証申出(苦情解決の申出を含む。)案件に関し、その処理が終了するまで本協定は効力を有する。

(協議事項)
第7条 本協定に定めのない事項については、甲及び乙協議の上、決定する。

平成26年7月2日

東京都千代田区岩本町2-6-3
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会
会長  伊藤 博

東京都千代田区紀尾井町3-30
公益社団法人不動産保証協会
理事長  林 直清







PDFファイルについて

1. PDFは、Adobe Systems社によって開発された、電子文書のためのフォーマットです。

2. PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、下記のリンクからダウンロード(無料)してください。

3. Adobe Reader 及び Adobe Reader ロゴは、Adobe Systems Incorporated
(アドビ システムズ 社)の商標です。

Adobe Reader ダウンロード

ホーム 協会について 一般のお客様はコチラ 開業・入会をご検討の方へ